Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 箱根伊豆 関白道から聖岳 

2011年12月17日

参加者数:18名

コースタイム

藤沢6:35=早川駅7:31―石垣山8:20~35―関白道入口8:45~9:05―大杉窪林道入口9:10―桜山林道入口9:40~46―ターンパイク車止め10:35~45―鍋割駐車場11:18―桜山駐車場(昼食)12:14~45 ―聖岳14:08~18―星ヶ山林道終点14:40―白銀林道15:26―根府川駅16:35=藤沢17:37     行動時間 9:04

*** 山行経過 ***

前半に数年前に刈り払いされたという箱根古道・関白道の探訪をとり、後半に箱根の秘峰・聖岳の西面からの登頂をつなげて、会ハイクのルートとしてみた。多数の参加者を得て、快晴無風の好天のもと、早川駅から一夜城址への案内板に導かれて農道を登り、石垣山に向かう。空気が澄んで相模湾、丹沢・大山の眺めが素晴らしい。一夜城址公園を一巡の後、裏から林道に下りて入生田に下る車道を進み、ターンパイクの上にかかる橋を渡る。

早川駅を出発

早川駅を出発

一夜城址にて

一夜城址にて

しかし、前方の山肌に進路が見付からないので、引き返して橋の手前から林道に入る。この林道には石畳があり古道の面影が残っている。ここが実質的な関白道の入口であろう。これを進みターンパイクを横断すると、大杉窪林道入口があった。この林道をしばらく進み、白銀林道に出会ったところで山道を探すが見付からない。やむなく左上に上がって行く桜山林道を使い、しばらく登ったところで右手の林の中に踏み跡を見つけ、これをたどる。ここは刈り払いされているようだが、人の歩いた形跡はあまりなく、ふかふかの道である。この道をしばらく進むとターンパイクのカーブに設けられた車止めに出会う。

大杉窪林道入口

大杉窪林道入口

ターンパイク車止めにて休憩

ターンパイク車止めにて休憩

ここでターンパイクの反対側に登路を探すが見付からないので、やむなくターンパイクの右脇を進む。右手に箱根の主峰と富士山がくっきりと見える。30分ほど歩いて鍋割駐車場に達し、ここから道路脇のヤブの中に薄い踏み跡を見つけてこれをたどる。右側は深く切れ落ちていて、下に林道らしきものが見える。踏み跡はやがてはっきりした山道になり、しばらく進むと左側にターンパイクに下りる道が分岐している。この分岐を下り、ターンパイクを横断すると広場がある。入口は鎖でふさがれているが、これが桜山駐車場のようだ。この現在地を確認するためにターンパイクを下ってみると、前方に鍋割駐車場が見えてくる。相当の時間を費やして歩いてきたのにわずかな距離しか進んでいないことがわかり愕然とするが、広場に戻り昼食とする。ここまで予定より約1時間半の遅れであり、帰りの時間が気になりだす。

ターンパイクから望む箱根の主峰 

ターンパイクから望む箱根の主峰

昼食の後、ターンパイクを再び下り、右手に玉川源頭への下り口を見つけ、これを下って玉川に下りる。この取り付きは、地形図の山道の入口より上流側にある。はじめ川底に水は無く大きな石がゴロゴロしていて歩きにくい。しばらく進むと水が出てきたので左岸のヤブの中に踏み跡を見つけ、これをたどる。 聖岳の北東尾根へのとり付きを探しながら川を下り、登れそうな小尾根を見つけてこれに取り付く。薄いがしっかりした踏み跡がついており、最短距離で北東尾根に達することができた。北東尾根には山道があり、これをたどるとすぐに聖岳頂上であった。

聖岳にて

聖岳にて

聖岳頂上での憩い

聖岳頂上での憩い

ここには簡単な山名標識があるのみで、うっそうとした植林の中で展望は無い。すぐに北東尾根を下り、登りルートの合流点を過ぎて右への巻き道に入り、緩やかな下りを進むと星ヶ山林道終点に着く。ここで深い笹藪の中に山道を見つけ、これを進む。笹藪を越えるとはっきりとした山道になり、安心してこの道を下って行くと、前方に小ピークが現れる。右斜面に踏まれている薄い踏み跡の巻き道をたどり、落ち葉の下の踏み跡を探しながら下って行くと、やがて小沢に出会い。その縁を行くと白銀林道に下り立つことができた。

星ヶ山林道終点で地図を読む

星ヶ山林道終点で地図を読む

白銀林道に下り立つ

白銀林道に下り立つ

この下りのルートは予定していた東尾根ではなく、それより一本北の尾根であったが、幸いに歩き良いルートであった。なお、前方に見えた小ピークは標高669.2m前聖岳のようだ。この後、白銀林道を南下し、白糸川に沿った車道を下り、日没前に根府川駅に到着した。この山行は、石垣山での観光、関白道のルート探索に時間を費やし、前半で1時間半の遅れがあったが、後半はほぼ予定通りの時間で歩くことができた。行動時間が9時間、歩行距離は18kmに及んだが、参加者の皆さんはいずれも健脚で、問題なく歩き通せた。

聖岳GPSルート1 

聖岳GPSルート1

聖岳GPSルート2 

聖岳GPSルート2

*** 費用 ***

藤沢―早川 570円、根府川―藤沢 650円  計1220円

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:伊豆・箱根,ハイキング,Vハイク
 戻る