Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 丹沢・葛葉川本谷 

2012年6月24日 曇後雨

参加者:10名

F1-2m+3m+6m三段滝 上段は難しいため巻いた

F1-2m+3m+6m三段滝 上段は難しいため巻いた

*** コースタイム ***

葛葉の泉8:00~8:40―堰堤上で入渓8:45―F1-6m三段9:08―横向ノ滝9:37―板立の滝9:56―F6-8m曲滝10:20―大平橋10:30~10:40―11:45葛葉の泉11:45

【登り1:45】

 

*** 記録 ***

二日前の雨で水量が増し、沢は難しくなっていた。

F2-5m横向ノ滝

F2-5m横向ノ滝

F3-7m幅広ノ滝 水量が多い

F3-7m幅広ノ滝 水量が多い

幅広の滝を登るONさん

幅広の滝を登るONさん

F3-7m幅広の滝を登るOEさん

F3-7m幅広の滝を登るOEさん

初心者もいたが、順調に進み、ザイルを出す箇所はなかった。もっとも水量が多かったので、三つの滝は、高巻いた。そのため例年より速く大平橋に着き、これなら上まで詰めることができると思っていた矢先、雨が降ってきた。この後の水量が気になったので、大平橋で終了とした。

平岩二条滝5mを登る

平岩二条滝5mを登る

F4-5m二条

F4-5m二条

F4-8m二条の滝を登るTさん

F4-8m二条の滝を登るTさん

F5-8m 板立ノ滝 右から巻いた

F5-8m 板立ノ滝 右から巻いた

沢が初めてのTさんには、Yさんに装備の装着の仕方から密着指導してもらう。Tさんはリーダーの後に続いていたが、初心者とは思えない身のこなしでつづいていた。水量が多くほとんどの岩がぬれていたので、ザイルで確保して、少し難しい滝を登る訓練ができず残念だった。またいつか挑戦して、最後まで詰めたいと思う。

*** 感想 ***

 上半分に再度挑戦 Y.H

三回目の沢登り。下半分(易しい)だけになりましたが、ザイルなしの自力で遡行出来ました。難しいところは高巻きした1回目、ザイル頼りの二回目から少し前進したような気持ちです。

唯、実情は必死で追っかけていただけ。ベテランのルート判断し登るスピードに圧倒されました。今回やり残した上半分や豪快な「板立ノ滝」にも、そのうちに挑戦したいものだと思いました。

F7-8m 曲り滝 水が多いため左の林道に上がる

F7-8m 曲り滝 水が多いため左の林道に上がる

標高525m付近で休憩

標高525m付近で休憩

 ヒルは意外と早い T.T

沢座学の4日後、初級実技講習で葛葉川へ。葛葉の泉から山道を沢へと踏み出すと、突然の別世界が広がっていた。「滝を三つ四つ越えるのだろう」と思っていたら、滝また滝、休む間もなく越えていき凄く楽しい遡行が続いた。

買ったばかりの沢靴はホールド力抜群で小さな足場や苔もなんのその、どんな滝でも越えていけるような気分にさせてくれた。雨のため行程中断となり、車を止めた葛葉の泉まで戻ると、靴下などにヒルが。ヒルは意外と早く歩くのには驚かされた。

*** 費用 ***

 交通費  500円、 風呂代(湯花楽) 750円

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:丹沢,岩登・沢登,沢登り
 戻る