Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 丹沢・広沢寺弁天岩(岩トレ) 

2012年9月29日 参加者:11名

*** コースタイム ***

伊勢原駅7:00=広沢寺駐車場7:30―弁天岩8:00~15:15―15:45広沢寺駐車場

 

*** 記録 ***

初心・初級者岩トレ実技用に、弁天岩右側初級ルートに木を支点にトップロープ2本と懸垂下降用に 1本をセット。基本を重視して、まず、ハーネスの装着、エイトノットの結び方等の安全上の注意点を 説明し、全員でロープを実際に使用して反復練習をした。

プレゼントファイブ5.7を登るOさん

プレゼントファイブ5.7を登るOさん

同じくNさん

同じくNさん

テンションで下りるGさん

テンションで下りるGさん

クライムダウンするNさん

クライムダウンするNさん

次に、2ルートを交互に、トップロープで繰り返し登り下りし、慣れてから、クライムダウンで下降し、初級者以上には、トップロープでビレイをとっての懸垂下降とビレイ(確保)を加えた。

中央スラブを登るOTさん

中央スラブを登るOTさん

中央スラブを登るMさん

中央スラブを登るMさん

最後に、参加者もだいぶスムーズな動きになってきたので、中央の一般ルート右の中間支点(25m)にトップロープをセットして、全員で仕上げの訓練をし、初心者2名も最終点まで頑張って到達することができた。

*** 感想 ***

 楽しみながらの練習  W.T

中央スラブで手と足を教えてもらうGさん 

中央スラブで手と足を教えてもらうGさん

初心者2名、初級以上5名の参加者に対し、講師陣4名の積極的な協力のもと手分けをして、スケジュールに沿ってルートを作り、ビレイにあたり、参加者も基本に従って反復訓練を意欲的に取り組みました。

天気にも恵まれ、ルートも空いていて、ワイワイ楽しみながらも、単なる練習ではなく、実践に即した緊張感のある充実した訓練をスムーズに行うことができました。

 基礎が大事 S.K

稜線8月号の教育・遭対部だよりの頁に広沢寺岩トレ実技が掲載されているのを見つけ申し込みました。「奮って参加して基礎を学んで下さい」とある。初心者ではなかったが、何事も基礎は大事、誰しも少し慣れてくると、つい基礎を端折ってしまう。テレビで一流のアスリートを見ていると基本のフォームが実に素晴らしいといつも思う。

岩場で自分の番が廻ってきてザイルで確保されながら登り始めると、ついハイテンション気味になり、どんどん登らなくてはと思ってしまう。その気持ちをコントロールし、基本を反芻しながら、確実にきちんと登らねばならない。自分には果してそれが出来ただろうか。うーん。

楽しい岩トレも終了 

楽しい岩トレも終了

ビレイをしてくださった4名のリーダーの方、本当にありがとうございました。ビレイ者は、登る人を神経を集中して見続けるため、眼が疲れ、ずっと上を向き続けているため首が疲れ、かなりしんどい作業となる。今回、ビレイの仕方を学んだので、次は確保する役を交替しながら皆で更なるレベルアップを計って行きたいです。

 段々おもしろくなった O.J

岩トレはHL学校以来で不安もあり、ロープワークも忘れちゃったし、少し心配な気持ちでしたが、岩場の歩行に自信をつけたいと思い参加しました。1回目は登るのに時間がかかり手汗もすごかったですが、アドバイスをいただきながら二回、三回と登っているとだんだん慣れて、最初は探せなかった手足の置き場所が見えるようになり、そうなると登るのがどんどん面白くなってきました。

リーダー、サブリーダーはじめ皆さん声を掛け、励ましてくれるので、難しい岩場や懸垂下降、クライムダウン、ビ レイなど次々やってみようと前向きな気持になり楽しく練習することができました。

*** 費用 ***

 ガソリン代 1850円×3台

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:丹沢,岩登・沢登,岩トレ
 戻る