Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 八ケ岳:蓼科山~北横岳 


 山名
八ケ岳:蓼科山~北横岳
 山行日
2013年6月8~9日
 人数
8人
 費用
交通費、タクシー代:8300円(茅野~女神茶屋)、小屋代:7500円 ロープウェイ代:900円(割引)、バス代:1200円(山麓駅~茅野)
ミネ桜 

ミネ桜

***コースタイム***

6月8日

女神茶屋登山口10:00―蓼科山山頂13:10~50―将軍平14:45~55―大河原ヒュッテ16:05 歩行時間 4:55

6月9日

大河原ヒュッテ6:40―双子山7:05~15―双子池7:40~45―亀甲池8:40~50―アイゼン装着―北横岳 10:40~11:10―三ツ岳Ⅲ峰12:10~15―Ⅱ峰12:24―Ⅰ峰12:40~45―雨池山13:20―雨池峠13:30―ロ ープウェイ山頂駅13:50 歩行時間 5:50

***記録***

 6月8日

梅雨時とはいえ素晴らしくいい天気、女神茶屋から新緑の木々の緑がまぶしい森の中を出発する。急な斜面を汗を流しながら登って行くと、ミネ桜が咲いている。

まだ山は春の気配だ。ごろごろの大石を乗り越えて広く平らな蓼科山の山頂に到着する。

蓼科山への登り 

蓼科山への登り

蓼科山頂上にて 

蓼科山頂上にて

展望を楽しんでから北側の斜面を下ると急に登山道に雪が出てきた。滑らないように気をつけながら下り、その後も雪道と泥道が交互に出てくる雪解け道を歩き大河原ヒュッテに着いた。この小屋は2年前に小屋のご主人が急逝され、その後息子さんが後を継いで小屋を営業される事になったとのことです。

 6月9日

部屋の窓からも浅間山が見える絶好の良い天気、身支度を整えて、小屋からも見えるこんもりとした双子山へと登る。広々とした気持ちの良い草原状の山頂からは、北アルプスや中央アルプスも見える。樹林帯を下り、双子池から亀甲池を巡り、北横岳へと向かう。

双子池 

双子池

樹林帯に入ると山の北側のため雪が深くなってくる。登りの途中で軽アイゼンを着けたがやはり歩きにくい。山頂近くでアイゼンを外し北横岳の山頂に到着する。さすがに人が多くてにぎやかだ。

ここで昼食をとった後、三ツ岳へと向かう。ゴロゴロとした大石を乗り越えたり飛び越えたり、そして鎖場を越えてⅢ峰へ到着する。

その先も大岩の重なりあった岩場を、足場を選びながら進みⅡ峰、そしてⅠ峰と汗だくになって難所を通過した。

三ツ岳の下り 

三ツ岳の下り

雨池を見降ろしながら三ツ岳を下ると、再びのどかな山道となる。なだらかな雨池山を越えて、ロープウェイ駅に到着した。

当初の計画では歩いて下山予定だったが、時間がかかるので、ロープウェイで下ることにした。わずか8分で山麓駅に到着した。

***感想***

新緑の森、お伽話のような草原、神秘的な湖、残雪の道、険しい岩の道…なんてバラエティに富んだ2日間だったでしょうか!北八ケ岳すばらしい。

私としては、今回、大河原ヒュッテ~双子山~双子池へのコースを歩けた事で、北の端の蓼科山から南は編笠山まで八ヶ岳の稜線が全部繋がりました!とっても満足です。

今回のこのコースを企画してくれたK山の会Hさんに感謝です。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:八ヶ岳,縦走,小屋泊
 戻る