Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 北海道、十勝岳~美瑛岳~富良野岳縦走 

2014年7月12日(土)~15日(火)

富良野岳山頂 

富良野岳山頂

参加者:9名

コースタイム

 7/12(土) 天候:晴れ

羽田空港8:25==10:00新千歳空港=レンタカー=上富良野駅=銀瑛荘

 7/13(日) 天候:晴れ

銀瑛荘5:05==5:20望岳台5:30---(5休)---6:35雲の平分岐--6:45十勝岳避難小屋6:558:05昭和噴火口8:10---(5休)---9:20十勝岳9:50---平ヶ岳---鋸岳---(5休)---11:20昼11:45---12:30美瑛岳分岐---13:00美瑛岳13:15---(10休)---14:30美瑛岳分岐14:35-----15:25渡渉---(10休)---16:45雲の平分岐---17:30望岳台=銀瑛荘(泊)(歩程時間9時間55分行動時間12時間)

 7/14(月) 天候:晴れ

銀瑛荘5:00==5:55十勝岳温泉P---三段山分岐---6:35渡渉6:40---7:15上ホロ分岐7:25---(15休)---9:20富良野岳分岐---9:50富良野岳10:15---10:50富良野岳分岐---(10休)---12:20上ホロ分岐12:30---13:00渡渉----三段山分岐----13:35十勝岳温泉===銀瑛荘(泊)(歩程時間6時間25分行動時間7時間40分)

 7/15(火) 天候:晴れ

銀瑛荘8:00=レンタカー=新千歳空港14:40=16:30羽田空港

*** 山行経過 ***

7/13昨日夜雨が降ったようで車が濡れていた、望岳台登山口では沢山の車が既に駐車していた。ツアーでも大勢が来ている。石ゴロゴロの広々とした登山道を登って行くと雲ノ平分岐、この先から登りがきつくなってくる。間もなく避難小屋に着く。立派な避難小屋を過ぎ前十勝ルート通行止めを右に確認して登る。左に噴火口跡に雪渓が残り火山灰の広々とした登山道を登る山はあちらこちらに溶岩の流れた跡がある。

最後の急登を登りきると十勝岳山頂、あまり広くない。山頂から美瑛に向かう道は分かりにくい。美瑛に向かう人はいない。尾根道は本当に広く天気が良かったので気持良く歩けた。鋸岳を過ぎるとお花畠で、美瑛岳まで続く。振り返ると十勝岳が雄姿を見せてくれる。美瑛岳からは美瑛富士も望める。 美瑛岳からは一気に下るが、途中渡渉が2か所あり、十勝の噴煙を左に眺めながら下っていく。雲の平から望岳台に戻った。

あの山超えて

あの山超えて

美瑛岳お花畑

美瑛岳お花畑

7/14今日も昨晩雨が降った様で、十勝岳温泉登山口から登る。小石がゴロゴロしている登山道を沢に沿って登る。安政火口分岐で切れ落ちた沢を渡る。上ホロ分岐を過ぎるとまた沢を渡るが昨日の十勝岳、美瑛岳が火山の岩山とすれば富良野は樹林帯の山でさすが花の百名山、お花が半端でなく和ましてくれる。間もなく富良野岳山頂に着く。下山はコース変更して同じコースを下りることにした。

*** リーダー所感 ***

今回は3年前のリベンジですが、十勝岳だけでなく美瑛岳への縦走、花の百名山富良野岳も計画に入れました。本当に天候に恵まれて十勝岳から美瑛岳に縦走出来ました。十勝岳で大勢いた登山者が美瑛方面へは行かないようで、広大な十勝連邦の山の中で自分たちだけの静かな山歩きができ素晴らしい景色とお花が見れました。(天候不良時は縦走しないように。遭難の危険あり)

*** 参加者の感想 ***

 YO

美瑛岳は、高山植物が一斉に咲き誇って、ワァーすごい、きれいが飛び 交いました。特に、エゾコザクラが登山道から見上げる斜面にビッシリ咲いていました。 たくさんの花が見れた贅沢山行でした。

 RN

富良野岳、さすが花の百名山。登山道の両側斜面の上から下まで花、花、

花、エゾハクサンイチゲ、チングルマ、イワギキヨウ、キバナシャクナゲ、等々花の名前

が書ききれない、お花でお腹が一杯になりました。ごちそうさま。

** 費用 **

航空費 羽田⇔新千歳25,570 円 、銀瑛荘 3 泊代 10,950 円 、レンタカー代 5,300

円 、高速代 790 円 、ガソリン代 1,100 円 、運転者手当 2,000 円 食材・飲み物

代 4,660 円 、通信費 200 円 合計 50,570 円/1 人

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:北海道,縦走,宿泊
 戻る