Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 北アルプス:立山三山(立山・室堂集合夏山合宿) 


2015年8月21日(金)~23日(日)

晴れ間に立山三山をのぞむ(雷鳥荘にて) 

晴れ間に立山三山をのぞむ(雷鳥荘にて)

参加者数:男6名、女2名

コースタイム

 8/21(金)曇りのち雨

八王子駅8:03=JRあずさ3号=11:03信濃大町駅11:15=バス=11:45扇沢12:00=トロリーバス=12:15黒部ダム――12:45黒部湖(昼食)13:00=ケーブルカー=13:05黒部平13:20=ロープウェイ=13:27大観峰=13:30トロリーバス=13:40室堂14:10-(5)-15:20一ノ越山荘

(歩行時間 1:05、行動時間 1:10)

 8/22(土) 雨 (暴風雨のため立山三山縦走は中止)

一ノ越山荘8:45――9:50室堂10:30――11:10雷鳥莊 (泊)

(歩行時間 1:45、行動時間 2:25)

 8/23(日) 晴れ

雷鳥莊7:30-(5)-8:50室堂(みくりが池・みどり湖周辺遊歩道散策)9:15=トロリーバス=9:25大観峰9:40=ロープウェイ=13:05黒部平(屋上展望台)10:10=ケーブルカー=10:15黒部湖――10:35黒部ダム(展望台)11:35=トロリーバス=11:51扇沢(昼食)12:30=バス=13:05信濃大町駅13:14=JR=14:20松本駅14:49=JRあずさ22号=16:50八王子駅(解散)

(歩行時間 1:10、行動時間 1:20)

山行経過

 8/21 風雨の中を一ノ越山荘へ

室堂から一ノ越山荘に向かって 

室堂から一ノ越山荘に向かって

合宿の各パーティーの中では最後の出発となった。大町に近づくにつれてだんだんと天気が悪くなり、アルペンルートで最後のトンネルを抜けると期待の室堂は風雨となっていた。各パーティーもそれぞれの目的地に向かって出かけたのかなと思いながら山荘を目指す。山荘は満室でもなく広い部屋で早くからゆっくりと休むが、夜になると室堂から吹き上げる激しい風雨が一晩中窓をたたき、明日は予定変更かなと思いながら就寝する。

 8/22 暴風雨により立山三山縦走は中止(集中の雷鳥莊へ)

台風16号の影響による暴風雨のため、縦走路は特に風が強いため立山三山縦走は中止にする。朝方には雷もあったが若干風雨も収まってきたため、今日の集中日の雷鳥莊をめざして下山する。山荘は12時から入室出来るとのことで昼前に到着して早速に温泉に入る。幹事さんのみ先に到着されていて、他のパーティーが無事に到着されるのを待つが雨で散策もできず長い半日となった。雨の中余り遅れることもなく全員が到着され、夜は賑やかで楽しい夕食会となった。

 8/23 アルペンルートで下山

黒四ダムの放水 

黒四ダムの放水

一日ずれた天候で昨夕から雨も上がり、朝から天気となり恨めしく次に期待して立山三山を見上げる。今日は室堂観光で各池めぐりと高山植物や雷鳥にも出合い、遊歩道を周回してアルペンルートで大町に出る。往路は曇りで各駅も素通りだったが大観峰では屋上展望台に上がり、あの山・この山と後立山連峰の山々を眺め、又黒部ダムでは展望台に登りめずらしい2本の虹を見下ろす。バス・JR共に連絡も良く、ヒヤリハットもなく無事に合宿山行を終了した。

*** リーダーの感想 ***

今回は展望コースの三山縦走の計画がなく、8年前の合宿時のコースであるが逆コースで計画した。メンバーは初めて同行する人が多いいため山行前に岩場もある岩殿山にてトレーニング山行を行った。期待して望んだ立山も天気予報通りにはならず、台風の影響で山上は激しい風雨となり、稜線コースは風が強く視界零で危険なため残念だったが縦走は中止にした。

ほとんど初めての同行のメンバーだったが、経験豊富でメンバーシップも大変良かった。最終日には立山三山や後立山連峰の山々を見上げ、又何時かチャレンジしようと言いながらアルペンルートを後にした。

 

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:北アルプス,縦走,小屋泊
 戻る