Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 袴岳・斑尾山スノーシューハイク 


2016年1月21日(木)~22日(金)

ふかふかの新雪を行く 

ふかふかの新雪を行く

参加者数:男4名、女4名

コースタイム

 1/21(木) 曇り

辻堂6:20==豊田飯山IC==斑尾高原スキー場(昼食)==赤池周辺P12:40―1030m付近―15:15赤池周辺テント設営

(歩行時間 2:35)

 1/22(金) 曇り

テント場7:00==まだらおの湯P7:35―8:40林道8:50―(10)―(5)―10:00尾根上10:05―10:55斑尾山11:20―12:50まだららの湯P14:00

(行動時間 5:15、歩行時間 4:30)

山行経過

 1/21

数日前の降雪のため、トレースは全くなく、雪の支持力は弱く、少しの斜面でもすぐに崩れるためなかなか進めない。それでも小尾根を越えて夏道の道標を発見するが、夏道は湿原を避けてトラバース道となっている。

この夏道は北側斜面のため雪が深く歩きにくいため湿原に降りる。既にかなりの時間を要しているため、本日の袴岳登頂を断念し、戻ることにする。戻りは忠実に夏道をたどると小尾根は巻いており、かなり早くに駐車場に戻ることができた。

袴岳登山口近くに車を止めて身支度

袴岳登山口近くに車を止めて身支度

袴岳に向けて出発

袴岳に向けて出発

ブッシュと新雪に悪戦苦闘、やっと袴岳手前の鞍部に到着

ブッシュと新雪に悪戦苦闘、やっと袴岳手前の鞍部に到着

本日はここまで。キャンプ準備に下りを急ぐ。

本日はここまで。キャンプ準備に下りを急ぐ。

 1/22

昨日の経験から本日はできるだけ夏道をたどることにする。林道を忠実に辿り、指導票に従いかなりの急坂を登り、稜線に達する。

ここからはなだらかな尾根を歩き斑尾山頂上に達する。頂上には山スキーのガイドと男性が休んでいた。聞けばスキー場のリフト終点から頂上までシールを付けたスキーで登ってきたようだ。帰りは登りにつけたトレースがあるのでかなり速いスピードで下山することができた。

まだらおの湯駐車場で身支度 

まだらおの湯駐車場で身支度

最初は林道を忠実にたどる 

最初は林道を忠実にたどる

登山道に入り、急登の始まり 

登山道に入り、急登の始まり

雪深く、交替でラッセル 

雪深く、交替でラッセル

頂上直下、最後の登り 

頂上直下、最後の登り

斑尾山頂に到着 

斑尾山頂に到着

*** リーダーの感想 ***

今回は、スノーシューハイクとスノーキャンプの双方を楽しむため、斑尾高原スキー場近くの袴岳と斑尾山を登る計画とした。

数日前の雪はまだ柔らかく平地を歩くには気持ちが良いが、斜面となるとすぐに崩れ、登るのに苦労した。積雪量が少ないため、ブッシュが出ており、登山道以外はかなり時間がかかった。Vハイクといえども、雪道は夏道を辿ることがいかに効率的であるかを実感した。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:北信・志賀,雪山,雪山,テント
 戻る