Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 八ヶ岳:クリスマス山行 シラビソ~ニュウ 


2016年12月22日(金)~23日(土)

参加者数:9名(男3名、女6名)

コースタイム

 12/23 曇り時々みぞれ

松原湖駅11:05=(タクシー)=11:25唐沢橋ゲート(体操)11:45―(5)―(5)―13:45しらびそ小屋

歩行時間 1:50

 12/24 晴れたり曇ったり

しらびそ小屋6:45―6:50アイゼン装着直し7:15―(10)-(5)-(5)-9:10中山峠9:20―10:20にゅう10:40―(5)-12:10黒百合ヒュッテ(昼食)12:50―(5)―14:35渋の湯14:55=(バス)=15:55茅野駅16:20

行動時間 7:50、歩行時間 6:15

山行経過

しらびそ小屋へ 

しらびそ小屋へ

 12月23日

下界は春のような明るく暖かい陽射し。松原湖からも雪がほとんどないのでジャンボタクシーで稲子湯先のゲートまで行く。以前は屏風橋を渡り沢沿いに登山道があったが、崩壊の為現在は橋手前1660m辺りから樹林の中に新しい登山道が整備されている。

歩き始めると予報通りあられとみぞれが時折降ってきたがしらびそ小屋まで例年の半分位しか雪がなく、アイゼンなしで到着。みどり池は例年通りしっかり凍り付いていたが雪はほとんどのっていなかった。

 12月24日

中山峠までの登山道にも相変わらず雪は少なかったが、却って前々日の雨で凍り付いた氷がむき出しになっている場所や、中山峠直下の急登はやはり滑りやすく全員前爪のある10本以上のアイゼンをはいていたので安心であった。

中山峠への登り

中山峠への登り

樹氷

樹氷

縦走路ニュウ分岐からニュウまでは樹林帯であるが、しっかりとトレースがついており、ニュウの岩稜帯も危険はなかった。

樹氷のトンネル 

樹氷のトンネル

ニュウの岩稜帯 

ニュウの岩稜帯

ニュウにて 

ニュウにて

中山峠付近 

中山峠付近

黒百合平に到着 

黒百合平に到着

黒百合平の眺め 

黒百合平の眺め

*** リーダーの感想 ***

豪華なクリスマス会食 

豪華なクリスマス会食

23日夜中星空が見えたので晴天を期待したがやはり終日尾根筋の雪雲は取れきれず束の間の晴れ間に稲子岳の岩壁やシラビソ・コメツガ・カラマツの霧氷を楽しんだ。

ニュウの岩峰では天狗岳の雄姿を眺めることはできなかったが、北側に広がる北八ヶ岳の冬景色を堪能した。参加者の多くが今シーズン初めての雪山であったのでゆっくりしたペースで雪山を体験してもらえたと思う。

クリスマス会は泊り客が少なかった為談話室を占有でき、ゆったりとした小屋泊となり会員間の親睦をはかることができた。体調が本調子でないものや雪山に慣れていないメンバーもいたがチームワーク良く最後まで全員楽しく歩き通せたことは何よりのことであった。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:八ヶ岳,ハイキング,雪山,小屋迫,山レシピ
 戻る