Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 上信越・吾妻那山スノーシューハイク 

2018年1月7日(日)

会員の参加者:男3名、女2名 計5名

コースタイム

 天候:晴れ時々曇り

辻堂6:20=圏央道・関越道・水上IC=10:30ルノン水上スキー場?11:00=シャトルバス=スキー場11:10-リフト-11:15支度11:30―-12:15大峰山展望台(昼食)12:40―-13:25赤谷越峠13:30―-14:15吾妻那山14:25――15:40 スキー場=シャトルバス=16:10スキー場P

行動時間:4時間40分  歩行時間:3時間30分

*** 山行経過 ***

3連休の中日とあって、道路の混雑渋滞や駐車場からのシャトルバス利用で予定の約2時間遅れで登山を開始した。新雪の登山コースに入るとスキー場の喧騒を感じさせない別天地だった。1時間弱で大峰山に到着して昼食。赤谷越峠に下り、登り返して吾妻那山に到着。残念ながら谷川連峰は雲の中だった。下りはリフトが利用できないため、1.8mの適度な新雪を楽しみながら下山した

3連休の中日、近場のスキー場は超満員 

3連休の中日、近場のスキー場は超満員

山に入れば別天地。新雪を登る。 

山に入れば別天地。新雪を登る。

大峰山頂に到着 

大峰山頂に到着

落葉松の林の中を 

落葉松の林の中を

広い鞍部を通過 

広い鞍部を通過

赤谷峠から吾妻山への登り返し 

赤谷峠から吾妻山への登り返し

吾妻山山頂 

吾妻山山頂

深い雪の中、長い下山 

深い雪の中、長い下山

新雪は1.8m 

新雪は1.8m

*** リーダーの感想 ***

登山開始が2時間弱程遅れたが、短いコースだったので問題は無かった。コースは、登りそれぞれ1時間弱程度の大峰山と吾妻那山の二つ、これをつなぐ尾根歩きとリフト利用できない新雪の下りを十分に楽しめた。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:上信越,雪山,雪山
 戻る