Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 南アルプス・入笠山スノーシューハイク 

2018年2月3日(土)

会員の参加者:男3名、女4名 計7名

コースタイム

 天候:晴れ

辻堂6:20=中央道=諏訪南IC=8:35富士見パノラマリゾート入口P…9:10ゴンドラ山麓駅―山頂駅9:45…入笠湿原10:00…入笠山登山口(マナスル山荘)10:30…11:15入笠山11:30…首切登山口林道分岐11:40…大河原湿原入口12:00…12:05(昼食)12:35…13:15八ヶ岳ビューポイント13:25…14:30山頂駅―15:05富士見パノラマリゾート入口P15:30=15:40ゆーとろん水神の湯16:50=辻堂駅前解散19:00

行動時間 5:15

*** 山行経過 ***

すずらんゴンドラの山麓でスノーシューを1名がレンタルし山頂駅へ。林道から左に入り入笠湿原の雪原を下って山彦荘前に到着。マナスル山荘まで林道を歩き、旧スキー場を左に見て登山道へ入る。緩やかな道は次第に急登になって入笠山山頂に到着。暫し展望を楽しみ、大河原湿原に向った。

ゴンドラ山頂駅から八ヶ岳を背に 

ゴンドラ山頂駅から八ヶ岳を背に

樹林を抜け雪の原の入笠湿原 

樹林を抜け雪の原の入笠湿原

段々と登りらしい登りに 

段々と登りらしい登りに

入笠山頂直下の急登 

入笠山頂直下の急登

入笠山頂に到着 正面に中央アルプス 

入笠山頂に到着 正面に中央アルプス

振り返れば八ヶ岳連峰 

振り返れば八ヶ岳連峰

仏平峠、首切清水を経て大河原湿原に出て、大河原湿原の片隅で風を避けて昼食。帰路は起伏の少ない林道を辿る。やがて右側の林が開けて、八ヶ岳ビューポイント。残念ながら山頂付近には僅かながら雲がかかっていた。更に林道を山彦荘方面へ行き、雪の入笠湿原を眺めて休憩。アカノラ山を左から巻くようにゴンドラ山頂駅に出た。

大河原湿原で昼食 

大河原湿原で昼食

八ヶ岳ビューポイントにて 

八ヶ岳ビューポイントにて

甲斐駒を望む山頂駅に到着 

甲斐駒を望む山頂駅に到着

最後の仕上げは、ゆーとろん水神の湯の露天風呂で身体を温め疲れも癒して帰路についた。

*** リーダーの感想 ***

首都圏からの近さ、標高2000m弱の雪質の良さ、季節風の影響の少ない天候の安定性などから人気のスノーシューコースの山であることが肯首できる。願わくば、もう少しアップダウンのある山らしい山であればと思った。コースはトレースで踏み固められていて、軽アイゼンでの雪山ハイキングにも最適であろう。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:上信越,雪山,雪山,スノーシュー
 戻る