Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 奥多摩 ネズミザス尾根~六ツ石山~ハンノキ尾根 

2014年11月27日(木)  天候:晴れ

ハンノキ尾根を下る 前方は御前山 

ハンノキ尾根を下る 前方は御前山

参加者数:2名、会員外1名

*** コースタイム ***

奥多摩駅8:10=バス=中日原8:40――巳ノ戸橋8:50――鷹ノ巣谷出合8:55――739m峰9:45――11:40カラ沢ノ頭12:00――六ツ石山13:00――トオノ窪13:40――山ノ神14:30――民家15:05――15:50境橋16:19=バス=16:30奥多摩駅

歩行距離11.1km、(行動時間:7時間)

*** 山行経過 ***

晩秋の山の落葉した広葉樹林の道を歩く楽しさと、地図読みの面白さを求めてネズミザス尾根からハンノキ尾根のコースを計画した。中日原でバスを降りると尖った稲村岩が圧倒してくる。標識に従って稲村岩登山道を下り日原川にかかる巳ノ戸橋を渡る。この辺りは紅葉が素晴らしい。

カラサワの頭にて 

カラサワの頭にて

河原に下りて右から流入してくる鷹ノ巣谷を飛び石伝いに渡る。前日が雨だったので渡渉を心配したが足を濡らさずに渡ることができた。ちなみに、鷹ノ巣谷は沢登り初級のコースである。

鷹ノ巣谷出合がネズミザス尾根の取付きである。取付きが急であったので、踏み跡らしき所をたどって左に行ったが檜林の急な斜面で登るのがつらい。木の根などにつかまりながら右上の尾根を目指して70m程登って尾根に出た。

ようやく坂が少し緩くなり一息つく。岩場を巻くとフカフカした落ち葉の道。739mピークを越すとまた急坂になったりしながら明るいブナなどの樹林帯をカラ沢ノ頭まで1000m一気に登る。

やや尖ったピークを登るとカラ沢ノ頭に到着。右側に鷹ノ巣山、前に富士山が見えた。富士山は昨日の雨で一気に雪が増えた。ここで楽しい昼食。天気が良く風もなくポカポカで気持ちが良い。

立派な登山道の石尾根を心地よく歩き、将門馬場に寄る。手製の山名板があった。奥多摩の道は広くて気持ちが良いと感心しながら行く。ピークを二つ巻き分岐を右折して六ツ石山。正面には白峰三山、仙丈、甲斐駒、右手に鷹ノ巣山が見えた。手前のピークは鶏冠山だろうか。富士山はよくわからない。ご夫婦がおいしそうに昼食。いいな。

防火帯として切り開かれたゆるい尾根を、カサコソ落葉を踏みながら下る。前方には御前山が見えた。すぐにトオノクボ分岐で右に行くと水根。ここを直進してハンノキ尾根を下る。H1120m付近に大きな反射板があり右側にも防火帯が切り開かれ、下には奥多摩湖が見えた。樹林帯の道を下ると沖ノ指(サス)山を巻いて山ノ神の祠が現れ、やがて樹林帯が切れたカヤトの藪になり踏み跡がわからなくなった。

樹林帯に入るとイソツネ山分岐のテープと板切れがあった。このあたりから下に民家が見えたが下へ降りる踏み跡がない。尾根に沿って行くと方角が変わってきてイソツネ山に向かっていることが判明。引き返して民家を目指して藪を下り、フェンスより民家に出て、モノレールに沿った山道をくだった。

廃屋の脇の山道をなおも下り境集落の奥多摩昔道分岐を右折して境橋バス停まで降りた。バスの時間の30分前に着いて橋からの日原川の紅葉を楽しんで帰った。来年は、鷹ノ巣谷や水根沢を登りたいと思った。

*** 感想 ***

 リーダー

破線の道との事で踏み跡があるだろうと思い、気を抜いて間違えてしまった。地図読みの基本に戻って歩きたい。

*** 費用 ***

  1. ガソリン代 3000円
  2. 通行料往復 3240円
  3. 駐車代  800円
  4. バス料金  900円

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:奥多摩,ハイキング,日帰りハイク
 戻る