Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

日光白根山

緯度: 経度:
 クリックするとLzh形式でGPSLogをダウンロードします。
  1. 2017年7月2日(日)晴れ時々雨
  2. 参加者数:男性3名、女性3名 計6名
 

 コースタイム

宿泊先7:10=車=白根山ロープウェイ7:40=山頂駅8:20-8:30七色平分岐8:35-稜線10:10-11:00白根山山頂11:05-12:10避難小屋12:30-五色沼12:40-13:40弥陀ケ池13:45-七色平14:10-山頂駅14:30=車=上信越道・圏央道=湘南台18:50解散

  1. 歩行距離: 10.0km
  2. 歩行時間: 6時間20分
  3. 行動時間: 7時間
  4. 標高差:   578m
 

 山行経過

昨日は大雨、今日の天気予報もよくなかったが、宿から外に出ると晴れ間がのぞいている。早速白根山ロープウェイ乗り場から山頂駅に、山頂にはロックガーデンが新設されていた。コマクサ、シラネアオイ、コイワザクラ等が満開で、花好きには堪らない。

ロープウェイ山麓駅 

ロープウェイ山麓駅

山頂駅・ロックガーデン 

山頂駅・ロックガーデン

シラネアオイ 

シラネアオイ

 

白根山の山頂は雲に覆われていたが雨は降ってない。赤い鳥居をくぐって登山開始。開けた道を通り緩やかな登りを行くが、途中から小雨がぱらつき、衣類調整を頻繁に行いながら登る。登山道の傍にはコイワカガミが次々と群生していて、登りのキツイ身体に眼を和ませてくれる。

登山口の鳥居 

登山口の鳥居

小雨がぱらつく 

小雨がぱらつく

コイワカガミ 

コイワカガミ

 

大した雨は降らなかったが、時折明るくなったり小雨がぱらついたり風も吹いたりと天候は不安定だ。稜線に出る頃には雨も止み、ガスが掛かった登山道を地図を確認しながら慎重に登ると白根山山頂に到着した。狭い山頂で、他の登山者と譲り合いながら写真を撮って五色沼方面に下山する。

稜線に出る 

稜線に出る

地図を確認 

地図を確認

白根山山頂 

白根山山頂

 

避難小屋で昼食後、五色沼へ。雨に濡れたダテカンバの林を抜けると、霧につつまれた五色沼が現れる。湖畔に佇むハクサンチドリが幻想の世界へと誘う。

五色沼避難小屋 

五色沼避難小屋

五色沼 

五色沼

ハクサンチドリ 

ハクサンチドリ

 

弥蛇ヶ池から七色平を通りゴンドラ乗り場へ。予報に反して後半はすっかり良いお天気になり沢山のコイワカガミ、コマクサ、シラネアオイ、ミネザクラ、チングルマ、ツガザクラなど高山植物を愉しみながら、予定より若干早く頂上駅に到着する。

コイワカガミ 

コイワカガミ

コマクサ 

コマクサ

ミネザクラ 

ミネザクラ

シロバナヘビイチゴ 

シロバナヘビイチゴ

チングルマ 

チングルマ

ショウジョウバカマ 

ショウジョウバカマ

花のスライドショー

 

 リーダーの感想

日光白根山、今回始めての人や花の季節が始めての人達での山行でした。梅雨の合間の、晴れ間を願って実施した登山でしたが、大雨にもならず1-2時間の雨具着用で済み喜んでいます。花の季節の山行でしたが、高山植物に疎く教わるばかりでした。

 

 参加者の感想

お天気も回復して前日の雨で花や若葉が生き生きして綺麗でした。霧の中でしたが、登頂だけでなく、高山植物、避難小屋、沼と変化に富み、快晴の時と又違う味の山行が楽しめました。五色沼は神秘的でほんとに素敵でした。

天気予報であまり良くないと言われていたわりには何とか白根山頂上そして五色沼を回る予定通りのコースを歩くことが出来ました。そして旬の高山植物もたくさん見ることが出来た貴重な体験でした。

稜線での雨と風、山頂はガスっていて何も見えなかったけれど、イワカガミやツガザクラ、ハクサンチドリ、チングルマは、霧に濡れて美しかった。

 

 費用

  1. 交通費:    高速代8,560円、ガソリン代3,526円 計12,086円(1人約2,000円)
  2. 車両使用料: 1人500円×2日、(運転 500円×2日)
  3. 宿泊費:    1人8,400円
  4. ロープウェイ: 1人1,600円(通常2,000円)
  5. 合計:     14,000円
 

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:北関東,ハイキング,日帰りハイク,山の花
 戻る