Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 安達太良・杉田川 


杉田川遡行図 

杉田川遡行図

2018年7月9日(月) 晴れ

参加者数:2名(男性2名、女性0名)

コースタイム

東北道本宮IC=安達太良温泉=遊歩道駐車場9:00~27―入渓点9:55―1000m昼食11:17~46―1060m二俣12:24―終了点赤テープ13:05―仙女平13:44―駐車場14:54

歩行時間5:27、登り(駐車場→仙女平)3:48、下り(仙女平→駐車場)1:10、距離9.0km、標高差550m

*** 山行経過 ***

遠藤ケ滝不動尊にお参りして出発。遊歩道の五番目の壊れた橋から入渓。赤いナメが続き歓声を上げる。長いトイ状滝が出てきた後、ゴルジュの4m滝。左側を登ると落ち口に古い鎖が短く残っていた。修行時代の残りなのであろうか。少し行くと7m滝。ここも左側を登る。難しくない。次の6m滝は右側を登るが、上部がスラブとなっており、細かいホールドを拾って登った。少し難しい。

遠藤ケ滝不動尊にお参りして出発 

遠藤ケ滝不動尊にお参りして出発

五番目橋より入渓 

五番目橋より入渓

3mナメ滝 

3mナメ滝

長いトイ状滝上部 

長いトイ状滝上部

4m滝の左壁を登る 

4m滝の左壁を登る

ゴルジュ7m滝を登る 

ゴルジュ7m滝を登る

2m滝を登るとハイライトの一つの梯子のある8m滝。ここも左側を登る。高さがあるので慎重に登り、上部にある不安定な梯子を使って乗り越す。梯子がしっかりしていないため怖い。小滝を登ると釜のある二条8m滝。水流の少し右側から登り左にトラバースして越えた。ホールドがしっかりあり楽しく登った。

4mトイ状ナメ滝と三角滝、二段4m、二段の釜を持つ3m滝や3mヒョングリの滝、3mトイ状滝、4mジャグジー滝、2m両門の滝を楽しく登って行く。ゴルジュとなり釜がある2m倒木滝。右側スラブ状部の笹を掴んでトラバース。

前方に釜がある二段4mが見えて来た。釜の右側を行くが、ホールドがなく厳しく腰まで浸かれば突破できそう。釜の左側ヘツルのも難しそうに見えた。やむを得ず右側から大きく高巻き4m滝とともに7mY状滝も一緒に巻いて1060m二俣に懸垂降下。

このゴルジュの突破方法を後で、WEBで調べてみたら4m滝は左側をへつり、続くY状滝も左側をへつって突破するのが一般的であることが判明した。甘く見てよく調べなかったのが敗因。大いに反省。

上部に梯子がある8m滝 

上部に梯子がある8m滝

二条8m_流れの右側を登る 

二条8m_流れの右側を登る

2mジャグジーの滝 

2mジャグジーの滝

1060m二俣でもう二俣に来たのかとびっくり。少し行くと最後ハイライト二段10mナメ滝。左側から楽しく登って滝登りは終了。ちょっとあっけない。18分ほど歩くと赤テープがあり遡行終了。右側の登山道に上がり不明瞭な廃道をたどり仙女平を目指す。仙女平から表登山道となり道がはっきりした。

865m付近より駐車場へショートカットするためコンパスで方向を決めて広い尾根を下り、作業道が左カーブする所から再度駐車場を目指して林の中を降りた。踏み跡はなかったが目標とした所にバッチリ着いた。

二段10m滝

二段10m滝

仙女平登山道に無事到着

仙女平登山道に無事到着

*** リーダーの感想 ***

ナメやナメ滝、滝登りの楽しい沢であるが、釜のへつりなど総合力が試される沢でもある。沢登りの距離が短く少し物足りなかった。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:東北,岩登・沢登,
 戻る