Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 妙義山塊・高岩、雄岳・雌岳ハイグレハイク 


屹立する高岩 雌岳・雄岳 

屹立する高岩 雌岳・雄岳

2019年6月13日(木) 晴れ

参加者数:4名(男性3名、女性1名)

コースタイム

二宮6:10=碓氷軽井沢IC=9:00駐車スペース9:30―9:40高岩登山口―10:15高岩のコル10:20―10:35チムニー30m鎖場―12:00雄岳山頂12:10―12:15チムニー30m鎖場―13:10高岩のコル(昼食)13:35―14:10雌岳頂上14:20―15:10駐車スペース15:25=碓氷軽井沢IC=18:30 二宮

行動時間 5:40

*** 山行経過 ***

 ICを出て右折して直ぐの橋を渡った左側に空地あり駐車。林道から登山道に入り大岩の祠前を通りルンゼ状の小沢を詰め高岩のコルに出た。コルで一息入れて雄岳へ。途中でバンドが切れていたがこれを渡ってバンド上に出て直ぐに30mチムニーに到着。懸垂下降中の先客あり、下降終了を待って登攀を開始。鎖が無いものと仮定してロープ確保にて登攀する。

切れたバンドを渡って

切れたバンドを渡って

バンドの上に

バンドの上に

30mチムニー下に到着 

30mチムニー下に到着

先客が懸垂下降中 

先客が懸垂下降中

鎖無しの仮定で登攀 

鎖無しの仮定で登攀

 チムニー上から5分程で雄岳、山頂は3人が寛ぐのに十分な広さだ。足下の山裾を覗き込めない程の眼下の先に碓氷軽井沢IC、目を水平に戻せば360度の展望が待っていた。

眼下の碓氷軽井沢IC 

眼下の碓氷軽井沢IC

雌岳を前衛に 浅間山 

雌岳を前衛に 浅間山

妙義山塊最高峰 谷急山 

妙義山塊最高峰 谷急山

 雄岳を後にチムニーを懸垂下降にて下り高岩のコルに戻って昼食の後、雌岳へ向かう。雌岳は三つのピークからなり稜線に出て左に僅かでP1の岩頭に到着、物凄い高度感で雄岳が目前に迫る。暫し展望を楽しんで次の登攀目標のP2に向った。

雌岳P1岩頭に腰を下ろし

雌岳P1岩頭に腰を下ろし

目前の雄岳を望む

目前の雄岳を望む

ビレイを取って覗き込む 

ビレイを取って覗き込む

P1岩頭に立つ 

P1岩頭に立つ

P1岩頭を下る 

P1岩頭を下る

 次の目的地のP2基部に到着するも既に午後2時近い、時間的に無理と判断してルート観察のみで雌岳山頂のP3へ。雌岳山頂もこれまた物凄い高度感と360度展望の岩頭であった

P2のルート確認

P2のルート確認

覗き岩穴から浅間山

覗き岩穴から浅間山

 雌岳山頂のP3を後にして下山開始。注意書きの東の尾根に入り込みそうになって進路修正。最後の楽しみ30mの固定ロープのルンゼを下り駐車場所に帰還した。

30mルンゼの降り口 

30mルンゼの降り口

急角度のルンゼを 

急角度のルンゼを

無事に下って帰還した 

無事に下って帰還した

*** リーダーの感想 ***

薮岩魂ハイグレードハイク中級コースの高岩にP2登攀を加えて上級コースとして計画したが、30mチムニー登降での待ち時間もあって3時間近くを要することになり、結局はガイド本の通りの中級コースの走破になった。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:北関東,岩登・沢登,
 戻る