Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 赤岳鉱泉でテント泊を楽しみ赤岳へ登る 

2019年9月28日(土)~29日(日)

参加者: 男性5名 女性5名 計10名

秋の気配の稜線を行く 

秋の気配の稜線を行く

 

 コースタイム


 9/28(土) 曇り

辻堂6:45=車=10:10美濃戸11:20―11:55堰堤広場(昼食)12:20-13:25赤岳鉱泉(テント設営・泊)

(行動時間2時間5分)

 9/29(日) 曇りのち晴

赤岳鉱泉6:00―6:40行者小屋―⑤-7:55赤岳天望荘8:15―9:05赤岳頂上9:15―(文三郎尾根)-10:30行者小屋10:45―11:15赤岳鉱泉(昼食・テント撤収)12:30―⑩―14:30美濃戸=車 帰路=20:30藤沢

(行動時間8時間30分)

 

 山行経過


 9/28(土)

美濃戸口から美濃戸は1台の車でピストンした。乗用車も美濃戸に入れるようではあるが大事を取って、坂井車は美濃戸口までとした。赤岳鉱泉は小屋でテレビの天気予報、食堂の奥では電波が通じ、諸天気予報等情報が入る。

美濃戸より出発 

美濃戸より出発

北沢沿いに歩く 

北沢沿いに歩く

堰堤広場で休憩 

堰堤広場で休憩

赤岳鉱泉でテント設営 

赤岳鉱泉でテント設営

みんなで夕食つくり 

みんなで夕食つくり

夕食はアヒージョとトッポギ鍋 

夕食はアヒージョとトッポギ鍋

 9/29(日)

二日目の赤岳登山は天気予報通り時間がたつにつれて天候回復。地蔵の頭付近では風が出たものの、天望荘のなかで休憩ができ、皆しっかり山頂への備えができた。その後風も止み、富士山も見えた。

終始コースタイム通りゆっくり確実に10人が一体となって歩くことを心掛けた。山頂直下の鎖場も慎重に下山した。

大同心が見える 

大同心が見える

急な階段を登る 

急な階段を登る

地蔵尾根のお地蔵さん 

地蔵尾根のお地蔵さん

鎖場を登る 

鎖場を登る

稜線へ到達 

稜線へ到達

霧が晴れ展望荘が見えた 

霧が晴れ展望荘が見えた

赤岳山頂を望む 

赤岳山頂を望む

赤岳山頂にて 

赤岳山頂にて

富士山も見えた 

富士山も見えた

文三郎道の下り 

文三郎道の下り

岩場を下る 

岩場を下る

行者小屋が見える 

行者小屋が見える

テントの前で記念撮影 

テントの前で記念撮影

テント撤収 

テント撤収

美濃戸に到着 

美濃戸に到着

 

 リーダーの感想


テント初体験の参加者が3名、そして10人という人数でテント山行するに、時間的にゆとりがあり、またエスケープできる小屋もたくさんある赤岳はよかった。テント場の赤岳鉱泉も水がふんだんに使え、屋根のある炊事場もありいい場所である。

通常はテントごとに食事担当を設けるが、今回はK料理長一人でメニューを考え準備した。安くしかし洋風のおしゃれなメニューに驚く。一人に負担をかけたが、こういった講座に必要な、みなで食事を囲める一体感を生み出せた。パーティとしての二日目の登山にもいい影響となった。

テントの立て方・撤収の仕方については、まとめて時間を取って説明してもよかった。慣れている人が多い中でも、説明しながら行った方がいい。調理についても同様

赤岳登山は、丁寧に歩くことができよかった。ただ、岩場も多く落石も発生しやすい環境なので、今後赤岳登山はヘルメットを必携とすべきと考える。


写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:八ヶ岳,ハイキング,テント,教育遭対
 戻る