Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

BlogBtn

藤沢山の会

山行記録

 奥秩父 秋の瑞牆山 

2019年11月18日(月)

参加者: 男性1名 女性4名 計5名

瑞牆山を望む 

瑞牆山を望む

 

 コースタイム

藤沢駅6:15=(車)=9:15瑞牆山荘9:25―10:20富士見平10:25―10:55天鳥川(昼食)11:15―⑤-12:45瑞牆山13:10―14:25天鳥川14:35―15:00富士見平15:10―15:55瑞牆山荘

(行動時間 6:30 歩行時間 5:15)

 

 山行経過


平日で渋滞なく藤沢駅から3時間で瑞牆山荘付近の駐車場に到着する。山荘前の登山口から、ミズナラの林を登り里宮神社を経由後、テント場と小屋のある富士見平で休憩、そこから30分下った天鳥川の広場で昼食とする。ベンチもあり、近くに、桃の形をした二つに割れた桃太郎岩があった。

富士見平小屋 

富士見平小屋

天鳥川の広場で昼食 

天鳥川の広場で昼食

桃太郎岩 

桃太郎岩

その先は階段やロープのある大小の岩や倒れた大木を越えながら、富士山の展望に癒され、薄暗い樹林や涸れ沢を登り、明るくなると、どっしりと高い大ヤスリ岩が見え、その前で小休止する。

急な登り 

急な登り

振り返ると富士山 

振り返ると富士山

大ヤスリ岩の前で 

大ヤスリ岩の前で

シャクナゲが多くなり、鉄梯子やロープのある急な岩場を登ると山頂に到着。強風はおさまり、青空に金峰山、鳳凰三山、八ヶ岳の大展望を楽しむ。

下りは往路を戻り、富士見平を少し下った所に瑞牆山の展望地あり、独特な岩稜に目を奪われた。その先は急下降の登山道で落ち葉が足首まで潜り、滑って歩き難い。平坦地から瑞牆山荘までは樹林帯の晩秋の静けさを味わい、帰りの車窓からも麓の景色や紅葉の素晴らしさに感動しながら帰路についた。

山頂で集合 

山頂で集合

瑞牆山荘への下り 

瑞牆山荘への下り

枯葉の道から歩きやすい道に 

枯葉の道から歩きやすい道に

 

 リーダーの感想


当初は金峰山を予定したが、大弛峠が13日から通行止めとなり、急遽、瑞牆山に変更する。天気とくらすは強風のCランクで、下山した登山者には頂上は強風が凄いと聞いていたが、登頂した昼過ぎは幸運にも風も落ち着き、暖かい秋晴れの大展望を楽しんだ。

SLのペース配分とリードが良好で、岩場は慎重に、景色をゆっくり楽しむ余裕を持てたのが良かった。今後は富士見平でのテント泊にも繋げていきたい。


写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:奥秩父,ハイキング,紅葉
 戻る