Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

nabi home navi member navi back

藤沢山の会

山行記録

icon ヨモギ尾根から表尾根へ長尾尾根を下る周遊コース icon

2020年1月5日(日)

参加者: 男性1名 女性3名 計4名

icon コースタイム

平塚駅7:00=8:00札掛8:15―⑤―9:50ヨモギ平⑩―10:50表尾根地蔵さん(アイゼン装着)⑩―11:30烏尾山(昼食)12:05―⑤―13:20新大日⑩―⑤⑩―16:05札掛16:15=17:20平塚駅

(行動時間 7時間50分、歩行時間6時間20分)

 

icon 山行経過


スタートのタライゴヤ沢は水量も少なく問題なく渡渉できた。ヨモギ尾根取り付きの急斜面もクリアしてヒノキの見事な植林帯の尾根道を進む。途中から地面に白いものが目に着く。昨夜の雨は山では雪だったようだ。ヨモギ平は白銀の世界だ!

ヨモギ尾根取付き 

ヨモギ尾根取付き

ヒノキの回廊を行く 

ヒノキの回廊を行く

白銀のヨモギ平 

白銀のヨモギ平

表尾根への急斜面を一気に上り詰めると目の前に雪化粧をまとった富士山がドーンと現れる。軽アイゼンを装着して烏尾山へダウン&アップ。振り返ると黄金色に輝く相模湾が眩しい。

三ノ塔への登り

三ノ塔への登り

表尾根から新春の富士山

表尾根から新春の富士山

快晴無風のポカポカ陽気のもと烏尾山のベンチでのどかに昼食。雪の付いた行者の鎖場を慎重に通過し、書策新道(廃道)の取り付き口に雪の上の踏み跡を見つけ感嘆する。(後に本会会員の踏み跡であったことが判明!)新大日のベンチで日光浴をしながら最後の大休止を取り、長大な長尾尾根を下る。

三ノ塔の地蔵と富士山 

三ノ塔の地蔵と富士山

輝く相模湾 

輝く相模湾

行者岳の鎖場を過ぎて笑顔 

行者岳の鎖場を過ぎて笑顔

新雪の感触を楽しみながらも、スリップに注意して慎重に進んだり、度々歩を止めて澄んだ冬の青空に映える絶景を楽しんだりしたため、予定より約1時間遅れて札掛に下山したが、それも想定内であり、明るいうちに無事に山行を終えた。

長尾尾根の下り 

長尾尾根の下り

札掛のモミの巨木 

札掛のモミの巨木

愛鷹山に沈む夕日と富士山 

愛鷹山に沈む夕日と富士山

 

icon リーダーの感想


前夜の雨が一転して快晴となり、絶好の登山日和となった。標高の高い尾根道には新雪が薄っすらと積り今シーズン初の雪の感触を楽しめたことは新年山行に彩を添えた。表尾根からは白銀の富士や箱根の山々そして遠く南アの山々まで見渡せ、さらに陽光を照り返す相模湾はまさに「光る海」であった。

参加者全員が満足できた令和2年の登り初めとなったと思う。


icon 写真をクリックすると大きな写真を表示します。

*** お勧めの山・関連する山行記 ***

Tag:丹沢,ハイキング,
navi back 戻る