Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

nabi home navi member navi back

藤沢山の会

山行記録

icon 谷川岳 icon


icon 山行日:20年07月12日

icon 山 名:谷川・谷川岳

icon 区 分:会山行

icon 参加者:8名(男性:5名、女性:3名)

 

icon コースタイム


07月12日天気:雨 谷川岳天神尾根

谷川岳ロープウエイ山麓駅⇒9:20天神平9:25~10:20熊穴ノ沢避難小屋10:30~⑤~12:00肩の小屋12:30~12:40トマの耳~12:55オキの耳 ~13:20肩の小屋13:35~14:30熊穴ノ沢避難小屋14:45~15:25天神平15:30⇒谷川岳ロープウエイ山麓駅

行動時間:6時間10分  歩行時間:5時間5分

 

icon 山行の過程


11日は悪天候が予想されたので晴れの予報が出た12日に順延して実施した。しかし、予報に反して終始小雨が降り続き、頂上付近では強風となった。このため、下山路として予定していた西黒尾根は諦めて天神尾根ピストンとした。

 
雨の天神平を出発 

雨の天神平を出発

立派なブナがの樹林帯 

立派なブナがの樹林帯

天狗の留まり場 ここで樹林帯はおしまい 

天狗の留まり場 ここで樹林帯はおしまい

天神ザンゲ岩の陰で立ち休憩 

天神ザンゲ岩の陰で立ち休憩

強風のトマの耳 

強風のトマの耳

オキの耳直下 

オキの耳直下

最高峰オキの耳 

最高峰オキの耳

滑りやすい岩場の下降 

滑りやすい岩場の下降

熊穴ノ沢避難小屋 天神平はもうすぐだ 

熊穴ノ沢避難小屋 天神平はもうすぐだ

悪条件下ではあったが、雨に濡れた可憐な高山植物を楽しみながら、ほぼコースタイム通り肩の小屋に到着。山頂付近の強風のため2人は肩の小屋待機としたが、6人がトマ・オキの耳の頂上を踏むことが出来た。下山もスムーズで2時間かからずに天神平に到着。下山後は水上IC近くの鈴森の湯で雨に濡れた体を暖めて帰路についた。

 
ヨツバヒヨドリ(キク科) 

ヨツバヒヨドリ(キク科)

イブキジャコウソウの群落 

イブキジャコウソウの群落

アカモノの実 

アカモノの実

ジョウシュウオニアザミ 

ジョウシュウオニアザミ

ニッコウキスゲ 

ニッコウキスゲ

ミヤマキンポウゲの群落 

ミヤマキンポウゲの群落

ウサギギク 

ウサギギク

ホソバヒナウスユキソウ 

ホソバヒナウスユキソウ

ミヤマダイモンジソウ(ユキノシタ科) 

ミヤマダイモンジソウ(ユキノシタ科)

ウスユキソウ(左)とクチバシシオガマ(右 ヨツバシオガマの亜種) 

ウスユキソウ(左)とクチバシシオガマ(右 ヨツバシオガマの亜種)

タカネバラ 

タカネバラ

オノエラン 

オノエラン

ハクサンフウロ 

ハクサンフウロ

 

icon リーダーの感想


梅雨時の山行実施判断は難しい。1日順延の甲斐なく小雨・強風の悪条件での登山となった。しかし、ベテラン揃いのメンバーにとってはこの程度の荒天は問題なく、夏山縦走の良い訓練だとの声も聞かれ、頼もしく感じた。花は思いの外少なかったが、天神ザンゲ岩を過ぎた高山帯からはイブキジャコウソウ、アカモノ(実)、ミネウスユキソウ、クチバシシオガマ(ヨツバシオガマの変種)、ミヤマキンポウゲ、ハクサンフウロ、ミヤマダイモンジソウなどが現れ始め、オキの耳直下では至仏山と谷川岳のみに分布するホソバヒナウスユキソウも見ることができた。

 

icon 参加者の感想


まるでシャワーを浴びながらの山行は、荒天の中でも可憐に健気に咲く花々に出会えたことでよい思い出になりました。強風、視界ゼロの谷川岳からは又登って来いとメッセージをもらったつもりです。

icon 費用


ガソリン代、高速代 3,900円/人、ロープウエイ 2,000円/人

 

icon 写真をクリックすると大きな写真を表示します。

icon お勧めの山・関連する山行記

Tag:上信越,ハイキング,
navi back 戻る