Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

nabi home navi member navi back

藤沢山の会

山行記録

icon 入笠山 icon


icon 山行日:20年06月21日

icon 山 名:南アルプス・入笠山

icon 区 分:個人

icon 参加者:5名(男性:2名、女性:3名)

 

icon コースタイム


06月21日天気:曇りのち晴れ、入笠山

ゴンドラ山頂駅10:00~10:30入笠湿原10:35~新御所平10:45~11:20入笠山12:00~12:20首切り清水12:25~大阿原湿原12:40~13:05大阿原湿原展望台13:15~入笠湿原14:20/25~ゴンドラ山頂駅14:45

歩程:9.3km、行動時間:4時間45分、歩行時間:3時間40分、累積標高差:+516m、-516m

 

icon 山行の過程


新型コロナの緊急事態宣言も終了し、19日には県をまたいでの移動制限も解除になりました。比較的簡単に登れそうな山と言うことで入笠山を目指しました。

たどり着いたゴンドラの山頂駅からはニッコウキスゲやアヤメの咲く山野草公園、この時期はホテイアツモリソウも咲いていました。

ゴンドラの山麓駅

ゴンドラの山麓駅

入笠湿原にレンゲツツジ

入笠湿原にレンゲツツジ

入笠湿原から鹿除けのゲート

入笠湿原から鹿除けのゲート

湿原の傍に山彦荘

湿原の傍に山彦荘

沢沿いの道を御所平へ

沢沿いの道を御所平へ

明るい草原もジグザグに登り

明るい草原もジグザグに登り

シラビソの林を登り

シラビソの林を登り

入笠山の山頂はたくさんの人

入笠山の山頂はたくさんの人

明るい入笠湿原をに下り草原の斜面を登って行くと入笠山の山頂です。広い山頂は家族連れなどたくさんのハイカーで賑わっています。マスクをしている人もいますが少し密着状態が気になるところでした。

山頂から大阿原湿原へ

山頂から大阿原湿原へ

仏平峠

仏平峠

木道が続く大阿原湿原

木道が続く大阿原湿原

林道を入笠湿原へ戻ります

林道を入笠湿原へ戻ります

八ヶ岳ビューポイント

八ヶ岳ビューポイント

帰りは大阿原湿原を一回りしてから入笠山に戻りました。乾燥した大阿原湿原もまたレンゲツツジが咲くところ、白いズミの花はすでに盛りを過ぎようとしていました。

 

icon リーダーの感想


入笠山に咲くホテイアツモリソウは釜無ホテイアツモリソウと言い、環境省の絶滅危惧種に指定されたものです。山野草公園の柵の中に10株ほど、組織培養技術で種子から育てることに成功したとされています。釜無ホテイアツモリソウを交配親とする交配種が作られていると言います。

 
入笠湿原に戻りました

入笠湿原に戻りました

たどり着いたゴンドラ山頂駅

たどり着いたゴンドラ山頂駅

 

icon 入笠山に咲く花


梅雨晴れの入笠山にはスズランやレンゲツツジが咲いています。ホテイアツモリソウやキバナアツモリソウなども見付けることができました。

ホテイアツモリソウ 

ホテイアツモリソウ

ニッコウキスゲ 

ニッコウキスゲ

アヤメ 

アヤメ

キバナアツモリソウ 

キバナアツモリソウ

ホテイアツモリソウ 

ホテイアツモリソウ

アマドコロ 

アマドコロ

クリンソウ 

クリンソウ

スズラン 

スズラン

ツマトリソウ 

ツマトリソウ

マタタビ 

マタタビ

ベニバナイチヤクソウ 

ベニバナイチヤクソウ

ササバギンラン 

ササバギンラン

icon 写真をクリックすると大きな写真を表示します。

icon お勧めの山・関連する山行記

Tag:南アルプス,ハイキング,
navi back 戻る