Topimg

山行記録

~会山行や個人山行の記録~

nabi home navi member navi back

藤沢山の会

山行記録

icon 北関東 岩櫃山(蜜岩通りハイグレハイク入門) icon


2020年11月7日(土)晴れ

古谷駐車場から岩櫃山 

古谷駐車場から岩櫃山

 

参加者数:4名(男性2名、女性2名)

***コースタイム***

茅ケ崎6:35=9:15古谷駐車場9:25-9:45蜜岩登山口-10:10鞍部10:15-10:55岩櫃山11:05-⑤-11:40尾根・沢分岐-12:00岩櫃城本丸跡(昼食)12:30-12:55尾根・沢分岐-13:20赤岩登山口-13:30古谷駐車場13:50=小野上温泉=18:00茅ケ崎

行動時間 4:05、歩行時間 3:15

*** 山行経過 ***

駐車場から農道を進み蜜岩登山口へ。登山道に入ると早くもクサリ場あり、一汗かいて程無く鞍部に到着して一休み。

登山口に中~上級者向きとの注意書き

登山口に中~上級者向きとの注意書き

早くもクサリ場

早くもクサリ場

 

これより、クサリ、石門、更にクサリ、ハシゴで絶壁を越え天狗の架け橋へと核心部が続く。

岩の間を抜け

岩の間を抜け

ハシゴを登り

ハシゴを登り

目の前が開け 紅葉に浮かぶ

目の前が開け 紅葉に浮かぶ

天狗の架け橋

天狗の架け橋

 

天狗の架け橋を通過、ナイフエッジのクサリ場を通過すると小ピーク、此処からの展望も上々。

小ピークへクサリ場を登る

小ピークへクサリ場を登る

小ピーク北側の松と紅葉

小ピーク北側の松と紅葉

南側の岩櫃山に人影

南側の岩櫃山に人影

岩穴を潜って

岩穴を潜って

 

小さな登り下りが続き、岩穴からクサリ、ハシゴでナイフエッジを越えて左に回り込み山頂直下のクサリ場、これを登って展望の岩櫃山の山頂に到着。

岩櫃山山頂直下のクサリ場

岩櫃山山頂直下のクサリ場

逆光の山頂揃い踏み

逆光の山頂揃い踏み

麓の集落を俯瞰的に鳥瞰

麓の集落を俯瞰的に鳥瞰

北方向の紅葉

北方向の紅葉

賑やう八合目のピーク

賑やう八合目のピーク

クサリ場を下り

クサリ場を下り

 

暫し山頂での展望を堪能し、尾根通り八合目のピークに向かう。

八合目ピークへ登り返し

八合目ピークへ登り返し

八合目ピーク

八合目ピーク

 

八合目ピークで核心部を終え、岩櫃城本丸址へ紅葉の道を下り城址広場の東屋にて昼食。

紅葉の尾根下り

紅葉の尾根下り

広々とした本丸城址

広々とした本丸城址

 

昼食後のエピローグは、なだらかな尾根通りを登り返し、赤岩通りを郷原側に下った。

東屋での昼食 

東屋での昼食

赤岩通りを下り 

赤岩通りを下り

無事下山 

無事下山

 

下山後は、岩稜と紅葉と日帰り温泉の最後の楽しみ、小野上温泉「さちのゆ」に立ち寄り汗と疲れを流して帰路に就いた。

 

*** リーダーの感想 ***

打田鍈一氏のいうハイグレードハイキングとは、読図力と岩場通過力を前提のハイキングと理解するが、中~上級者向きと言われる岩櫃山の蜜岩通りには特段の読図力は必要ない。また、岩場の通過もクサリやハシゴがあって特段の岩場登攀力も必要としない。よって、ハイグレハイク入門として位置付けて実施してみた。

登ってみての実感は、短いながらもよく整備されたクサリ場、ハシゴ場の連続で高度感たっぷりのスッキリした岩稜歩きが楽しめた。春の計画がコロナ禍で秋の実施となったが、紅葉真っただ中の実施で山の味わいが倍加した。

 

icon 写真をクリックすると大きな写真を表示します。

お勧めの山・関連する山行記

Tag:北関東,ハイキング,
navi back 戻る